バイナリーオプションにかかる税金について

バイナリーオプションで20万円以上の収益をあげると、収入となるので、税金を納める義務が発生します。つい、合計でいくらの収益が上がったのか計算を忘れてしまうという方も多いかもしれませんが、払い忘れれば当然のことながら脱税となってしまいますので、必ずきちんと記録をつけておき、確定申告をすることにしましょう。


バイナリーオプションによる収入は、現在は雑所得の申告分離課税となっています。他の、FXなどの取引による収入と合わせて申告することもできますが、そのほかの主な収入とは別に申告をする必要があるということになっているので、注意が必要ですね。


また、購入する際の手数料など、経費として認められているものもあります。手数料以外は、経費として認められるか場合によるものもあるのですが、バイナリーオプションの取引をするにあたり必要となったものの購入費用などは、全て記録をつけておくと良いでしょう。


また、税率については一律で20パーセントの税率となっています。損失は、最大で3年まで繰り越して合算できるようになっていますので、次の年に収入が上がった場合には、合算して申告すると良いでしょう。


バイナリーオプションを扱っている業者では、損益の報告書を用意しているというところも多いので、始める前に確認をしておくと良いでしょう。


いろいろと説明はしてみましたが、税率や税制などは、常に変わっていくものなので、申告をする年の最新の情報を得てから申告する必要があります。事前に税務署に確認をして、相談をしながら確定申告を行うのがもっとも確実で重要なことと言えるでしょう。